ハートピアノ教室 さいたま市中央区

心をこめて丁寧に、分かりやすく指導いたします

ハートピアノ教室

所在地:さいたま市中央区鈴谷

講座講習

補助ペダルの話

教室には補助ペダルが2つありますが、どちらもグランドピアノにセットして踏んでみると負荷がすごくかかり、小さな生徒さんが体勢を崩しながら一生懸命踏むというかんじで使い勝手が良くなかったので補助台として使うだけになり…小さい生徒さんには以前大きい生徒さんから譲り受けたアシストペダルと私が購入したものと2つあるので、高さを替えて使用しています。それと一緒に使う足を乗せる側のアシストツールは、板と板の間にはさむ付属のコマを使うと高さを5段階調整できるもので、長年使っているのでコマをはめ込む部分が緩くなってきてはいるのですが、あとはゴムの部分もだいぶ擦り減り、ホールで実際に使うときは滑り止めが必要です。
教室のワークショップzoom会で、先生方からペダルのこうやって使っていますの話やフィットペダルという新しい形のペダルをご紹介していただき、今後どのように使っていくかをあらためて考える機会になりました。

虹のリズムとプレソナチネ

久しぶりのワークショップはLINEビデオ通話で参加しました。前半は先生方の近況報告と今かかえている悩み?と、後半は平吉毅州先生『虹のリズム』と赤松先生『プレソナチネ』から順番にそれぞれ解説と音出しをしました。
虹🌈は発表会で選ぶ曲もありますが、今日は取り上げたことのない3曲で、ポジションはCの場所で弾けるけど、指がえとリズム、とくに休符のカウントが難しいなと。秋の発表会開催に向けて選曲のイメージを広く持っておきたいところです。

マイナースケールと三連符

バスティンzoomの勉強会はオールインワンに出てくる短調の音階と三連符について、先生方いろいろなやり方で教えていらして、興味の注られる言葉がけや言葉あそびなど、思いもつかなかったアプローチもあり大変勉強になりました。
また小さい子供さんのペダル指導をどうレッスンしているか、電子ピアノに取り付ける補助ペダルも紹介され、成長のいっときだから実際に買ってもらうのはハードルが高いなと思いながらもあると便利だなと。教室の生徒さんからは、ペダルは立って踏む、いすを思いきり下げて足が届くように座る、家では踏まないでレッスンに来たときに踏むなど、やはりペダルで音の響きを味わってもらいたいので、私からはお母さんに踏んでもらうなどお願いすることがあります。

YouTube活用講座

PTNA主催、creek&river社.YouTube側の方による活用講座がGooglemeetにてオンライン開催されました。作る側アップする側のクリエイターの目線でいろいろ紹介があり、YouTubeの基礎について、限定公開と非公開について、著作権について.etc.Q&Aで詳しくおしえてもらえました。今のところYouTubeは見る専門ですが、興味があるところです。

大切なこと

今日のピアバスティンzoom会では、先生方からレッスンの現状と発表会やイベント開催の有無、工夫されていることなど、お話しをお聞きしました。『生徒さんから笑顔を引き出すレッスン』をテーマに、マスク越しで分かりにくい表情の小さな変化を見逃していなかったか、あらためてレッスンを振り返る良いきっかけとなりました。
進度と上達の壁にぶつかったとき、音楽を楽しく続けるためには先生の的確な判断が必要です。教室に通ってきてくれている生徒さんは、当たり前ですが個性も事情もすべて違います…大切なのは、毎回のレッスンに向き合って誠実に進めていくことだと思います。

お気に入りの一冊

ピアバスティンのzoomの集まりで、ステップの状況や今後当面の方針など戸澤先生からお話がありました。後半、先生方によるおすすめのテキスト紹介ではまだ使ったことのない曲集や教本を知ることができました。目からウロコでした。感染拡大傾向にありますので今後も引き続き気をつけていかねばなりませんが、次回は対面で集まれると良いです。

プレインベンション

2020年最初のワークショップの集まりがあり、引き続きプレインベンションの中から3曲を解説、音出しし、沢山あるプレ曲の中からどの曲を取り上げるのか、他の複数の教本とかぶっている曲や、練習で扱うと効果的な曲や、ステップやコンペで弾かれる曲などにも注目しながら抜粋しました。また今日集まった先生方と新年会ランチしながらお話しできました。今年も宜しくお願いいたします♪

今年もありがとうございました✨

ピアバスティンの先生方と忘年会ランチinふくろう。今年もバスティン教材をはじめ勉強になりました。
ランチ中の絶対音感の話、なるほどなぁと。
来年もよろしくお願いします♪

まいぴあの

今日はピアバスティンの集まりで、石黒加須美先生のオールインワンまいぴあのシリーズよりぷれ1・2をダウンロード音源を聴きながら読み進めました。ぷれ1・2は3才からピアノを習うお子さん向け教材で、黒鍵のクラスターや1本指で拍をとりながら弾きます。初めて聴いた感想は1曲1曲の完成度が高く伴奏アレンジがとにかく素敵なので、3才の導入期に使用すると感性が豊かな子になるなぁと。また、教える側の与え方や扱い方が大事だなと思いました。

クリスマス曲シリーズはCD付きです。初めたばかりのお子さんからちょっと弾ける方まで進度に合わせて選曲して楽しめます。イラストも可愛い🎅🎄🌟

ヒモトレ

バスティンの先生にヒモトレを教えていただきました。

ネットで調べてみたところ、
ヒモトレを発案されたのは、
数々のプロアスリートを指導してきた
スポーツトレーナーの小関 勲さん。

ヒモトレでは、ゆるく巻いたり、触れたりすることでカラダのバランスを整えるそうです。

それを
ピアノを弾く上での脱力につなげるのだとか。
ちなみに、
100均に売っている普通の紐で良いとのこと。

使わない状態と使った状態の違い、実際にひもを結んでみると何か違いがあるような…

奥が深そうで、興味が湧いてきました。


ログイン