ハートピアノ教室 さいたま市中央区ピアノレッスン

さいたま市中央区にありますハートピアノ教室です。コミュニケーションを大切に、心をこめて丁寧にレッスンしています。

ハートピアノ教室

所在地:さいたま市中央区鈴谷

みなさんの声2019
「発表会を終えて~アンケート」より出演された生徒さんやご家族の皆さんに、ご自宅での練習の取り組みから本番に向けて大変だったこと努力したことなど、ご意見ご感想を書いていただきました。一枚一枚読ませてもらいました。
生徒さんより
♪はじめてできんちょうしたけど、強くおして大きな音を出しました。練習で強弱をつけてひくことをがんばりました。上手な人のえんそうを聞いて、そうなりたいなと思いました。
♪練習ではもっとうまくひけたところもあったけど、しっかりと全力を出せたのでよかったです。次はもっと難しい曲をひきたいです。
♪またむずかしいきょくをやってみたいな。
♪〇〇〇(ソロ曲)がむずかしかったです。
♪きんちょうはしなかったです。ともだちがみにきてくれました。〇〇ちゃんと〇〇ちゃんともっともっとなかよくなれました。
♪〇〇〇(ソロ曲)をまちがえないでひけてうれしかったです。いつかメヌエットト長調をひいてみたいです。
♪みんなでやるときはたのしかった。わくわくした。ぜんぜんきんちょうしなかった。自分ではけっこうじょうずにひけたなとおもった。こんどのはっぴょうかいはディズニーのきょくがひきたいです。
♪テンポよくひくのをがんばりました。とてもきんちょうしました。
♪意外と早く発表会の月が来てしまい11月はとくに力を入れて練習に取り組みました。ペダルを使う曲はやっているはずなのですが、ふむタイミングによって音がきこえなくなってしまうのでそれに気をつけながらがんばりました。とても楽しくソロの曲ではリズムにのりながらひけたのでよかったです。
♪お母さんがこわい。ドレスをまた着たい。ライトがまぶしかった。上手にできた。(←と言っていましたとお母さんが代筆してくださいました)
♪楽しくえんそうできてよかったです。来年はれんだんは先生とひきたいです。
♪〇〇〇(ソロ曲)のさいしょのところがうまくできてよかったです。こんどはびじょとやじゅうがひきたいです。
♪きんちょうしたけど楽しくできてよかったです。またはっぴょうかいにでたいです。
♪知っている曲が多かったので楽しめました。
♪ソロでは2人とも音の大きさを変えるのが大変でした。連弾では2人で初めて合わせるのに苦労しました。スピードを合わせてどうどうと弾けるようにがんばりました。
♪ソロもれんだんもひけるようになると楽しかったです。大へんだったことは、音ぷをまちがえないようにすることです。発表会では〇〇〇(ソロ曲)は少しまちがえたけど、さいごまでひけてよかったです。〇〇〇(連弾)はまちがえずにひけてよかったです。
ご家族の方より
♪できたと思える事がピアノの発表会を通して感じられたと思っています。無事に終わってホッとしています。また次の発表会に出たい!と言っている〇〇(お子さん)が頑張ってくれることを期待したいです。
♪学校の音楽会の伴奏練習と並行していたため、思うように発表会の曲に打ちこめず苦労していました。練習不足のせいか今まで以上に緊張していました。ペダル使いが上手になって感情豊かに演奏できるようになったと思います。
♪いつの間にか自分のタイミングで練習するようになり、譜読みもできるようになり、以前よりもピアノが好きになったそうです。手首を痛めてしまい、思うように練習もできなかった中で本番も多々ミスはありましたが、途中で止まることなく演奏できてよかったです。先生との連弾も素敵な曲で貴重な体験となりました。
♪がんばって弾けてたと思います。カメのような進み方ですが人前でちゃんと弾けたのは立派でした。
♪練習にあまり前向きではない子供に、強制的ではなくやる気を起こさせることに毎日難しさを感じています。また平日は弟にじゃまされながらの練習になってしまい〇〇(お子さん)には申し訳なさもありました。ただ今回は大好きな曲でお友だちと一緒に弾くこともあり本人のやる気のツボをおさえた先生の選曲に助けられました。自分から「〇〇を練習したい!」ということも多くそれと一緒に〇〇(ソロ曲)も練習に力が入りました。本番は親の心配をよそに本人はあまり緊張していない様子で堂々と演奏でき、我が子の成長を感じました。
♪発表会を何回か経験してきて、緊張しなかったと言っているので度胸がついたように思います。まちがえずに弾けてよかったです。
♪初めての発表会、親としても緊張でした。自宅での取り組みは本人なりに時間を見つけ努力したとは思いますが、ステップアップするためにはもっと自ら練習したい!という意欲が出てくると良いなと思いながら、見守ったり励ましたりしておりました。
♪初めてだったので、最後まで弾くことを目標に練習しました。ソロでは心臓がドキドキして緊張したようです。連弾も何とか最後まで弾くことが出来て良かったです。次はもう少し楽しんで弾けると良いなあと思いました。
♪最初はこんなに難しい曲を発表会で弾けるのかと凄く不安でしたが、最後には自信を持って弾くことが出来、ホッとしています。まだまだ本人も難しい曲にチャレンジする気でいますのでこれからも宜しくお願いします。
♪練習のときから楽しんでやっていました。進んでピアノに向かっていたのでこのまま無理せず続けてほしいです。発表会の曲は短いと本人が言っていたので、次回できるのであれば少し長い曲に挑戦できたらと思います。
♪自分が弾きたかった曲でもあり、普段の練習も工夫しながらやっていました(隣の部屋からそっと聞いていました)。毎年生徒さんの数も増えレベルも高くなり、毎回バラエティにとんだプログラムで楽しませて頂きました。
♪初めて〇〇(ソロ楽譜)を持って帰ってきた時、こんなむずかしい曲できるのか・・不安しかありませんでした。右手、左手、コツコツ時間をかけ時にはユーチューブを見たり親子で取り組みました。発表会ではそんな日々がよみがえりました。
♪親子共々緊張しながらもとても楽しませて頂きました。他の生徒さん達の上手な演奏も素晴らしかったです。本人のモチベーションもあがったと感じています。
♪一年たつと、またみなさん上手になられていて、驚きながら楽しく聞かせていただきました。〇〇(お子さん)もできなかった事が出来る様になって、成長がみえてうれしく思いました。おかげさまでピアノが好きで頑張れています。自宅での練習は、いつも譜読みにかける期間が長いので少しでも早くひととおり弾けるように頑張ったのですが、その後頑張り続けるのが難しかったのか、危機感がなく最後まで間違えずに弾けるようになるまでには練習できませんでした。本人が分かっているつもりでいるので難しいです。
♪発表会終わってからの感想は達成感と脱力感です。楽譜をいただいた夜は私が眠れず、練習を始めてからは親子でピアノを取り組むことがこんなにも辛いのかと途中後悔することもありました。たまに本気で辞めようかとケンカにもなり(我が家の場合、母→辞めたい、子→辞めたくない)、娘はたいして練習もせず弾いたと思えばミス1回で泣いて怒ったり、それを省みる事の繰り返し。何故ピアノを弾いているのだろう(病んではないです)、娘にどうなって欲しいのだろうと、精神修行のような数か月でした。それなのに、発表会が終われば「楽しかった!また出たい」と親子で笑っていたのでピアノってすごいなーと、今まで経験したことのない気持ちになれました。プログラムと照らしながら生徒さんの演奏を見ていると気持ちがグっと入りました。
♪毎年思いますが、数か月かけて曲を仕上げるのは、聞いている方も楽しい毎日でした。我が家では、とにかく毎日最低2回は弾くことを心がけています。それが5分でもいいと思っています。どうしても一日練習が空いてしまうと「やっぱり昨日やってなかったから」と聞いていても思います。「1日練習しないと取り戻すのに3日かかる」とは言われますが、3日とは言いませんがやはり違います。たかが5分、されど5分です。毎年、先生からの挑戦状と思って、親子で譜読みしています(笑)初めてYouTubeで聞いたとき、本当に出来るようになるのか?こんな速さでこの年で出来るのかと思いましたが、最後にはYouTubeと同じ時間で弾くことも出来るようになりました。細かい音が抜けていたりしましたが、とにかく止まらず、発表会で弾き終えたことを褒めました。
♪〇〇(お子さん)の取り扱いが難しく、「わかってる、わかってる」が口癖になってきました。ソロも連弾も止まることなく弾き終えたので、去年よりは成長したかなと感じています。来年は、ピアノの上達はもちろん、顔を上げておじぎをすることを心がけてほしいものです。
♪子どもにとっては少し長かったように思いました。演奏は興味があったようですが、集中力が続かずロビーで遊んでいる時間が多かったです。最後の歌でステージに上がった時、リハーサルのことを忘れてしまったようで後で聞いたら怖くなってしまったとのこと、少し緊張したようです。来年も大勢の人前でのピアノ演奏できるか心配ですが楽しみです。
♪全体を通じて人数が多いこともあり、4時間は小さい子は辛いかなと思いました。(みんなのこと考えると時間は仕方ないのかもですが)。(講師連弾について書いてくださいました)鳥肌が立ちました。息がぴったりでスピード感がすばらしかったです。お2人の出る所引く所のバランスも絶妙でした、あと〇〇さん(私の相方です)が弾いてる時の笑顔がすてきで、本当に楽しく、又、お互い信頼し合ってるのだと感じました。
♪〇〇(お子さん)は気分屋なところがありながら上手に弾きたいという気持ちが強いようで、コツコツ練習は苦手だけど思うように弾けずにイライラ…というときにどうサポートしたらよいか悩みながらやっておりました。本番はゆっくりゆっくりですが、彼女なりに弾けたよろこびも感じていた様で、良い経験となりました。
♪〇〇(お子さん)は頭の中に曲が入ってからは毎日自分からピアノに向かうようになり、とても楽しんでいるようでした。本番も全く緊張しなかったそうで、頼もしい姿を見ることができました。親子連弾の曲を私も娘たちもとても気に入って練習ものりのりでした。3人並んで演奏できるよろこびを味わわせていただきました。日常とはまた違ったステージでたくさんの人に聴いてもらうことの楽しさを子どもたちも経験でき、他の方の演奏に刺激もいただいたのではないかと思います。
ピアノに携わる方々と想いを共有できたらと、今年もアンケートをアップさせていただきました。また、御礼の言葉や発表会準備を労うお言葉もいただき、とても嬉しかったです。生徒さんの上達が聴けたりそれにより笑顔が見られることが私のレッスンの原動力になります。2019年もあっという間でした。保護者の皆様にはご協力をいただきましてありがとうございました。2020年もよろしくお願いいたします。

ログイン